風水における「東」の意味合いと知識について

風水には方位や方角に気を配りつつ、家具の配置やインテリアを考えるという処方があります。北や南、東や西の方位にはそれぞれどのような運気があり、どんな作用や効果が得られるのかを知っておくと非常に便利です。
太陽が昇ってくる方位の「東」には木の気があり、若さや発展などを象徴する方位として知られています。木の気は音や情報などの「お知らせ」に関するアイテムがあると気のめぐりがスムーズになると言われています。そのため、東の方角にはテレビやラジオなどを置くと部屋の気がスムーズに流れるとされています。

東の方位がプラスに働いた場合、自信や行動力が向上したり、観察力などが強まるとされています。反対に東の方位がマイナスに働いてしまうと、せっかちになったり中途半端な性格になるなどの影響を受けてしまうことがあるので注意が必要です。

風水において、東の方位には「発展力」を司る力があると言われており、仕事運や発展運、勉強運などを向上させるのに適した方位だと言われています。つまり、この方位には若い人の部屋や若さを連想させるものを置くのがベストとされています。また、情報を得るのに役立つテレビやラジオ、パソコンや携帯電話などを東の方位に置くと家全体の発展運がアップするので覚えておくと便利です。

東の方位にもラッキーカラーが存在しており、木の気を持つ東には木を成長させるのに不可欠な、水を連想させるブルーや木の葉を連想させる黄緑、その他には柔らかい色合いのアイボリーやベージュなどが良いとされています。

反対に東の方位のバッドカラーとしては原色系の黄色や濃い目の茶色がNGとされているので、それらの色を使った家具や小物を置くのは避けた方が無難です。