風水における「南」の意味合いと知識について

風水では方位や方角に注意を払いながら家具や家電製品の設置をしたり、インテリアを考える場合がほとんどです。風水において方位や方角というのは重要な要素を含んでいて、適切な知識を身に付けておかなければ運気を下げてしまう結果にも繋がってしまうので注意が必要です。

風水の考え方において、「南」という方位には「火の気」があると言われており、美や知性を司るとされています。北の方角には水の気があり、悪いものを洗い流す働きがあると言われていますが、その反対に在る南の火の気には「悪いものを燃やす」作用があると言われています。つまり、火の気の勢いを高めることに繋がるリーフやコットンなど木の気とは非常に相性の良い方角と言えます。

南の気が高まり、プラスの方向へ働くと情熱が持てたり社交性が高まったり等の効果が期待できます。反対に南の方位がマイナスに働いてしまうと大切な人との別離を経験したり、感情を抑制できなくなるなどの影響を受けてしまうことがあるので要注意です。

南の方位は人気運やビューティ運、知性や直感に関わる運を象徴すると言われています。そのため、ゆっくりと良い出来事を待つのではなく、突発的な幸運が期待できる方位だと言えます。また、知性や直感、芸術性を磨きたい場合も、南の方位を意識することが大切だとされています。

南の方位にはラッキーカラーがあり、木の気をイメージさせる淡い黄緑やホワイト、ベージュなどの柔らかい色が吉とされています。南の火の気を絶やさないためにも、木の気をもつカラーをお部屋に取り入れ、上手に活用することが大切です。また、南のバッドカラーは黒やグレー、赤や黄色といったカラーなので、これらの色の家具や小物を置くのは避けた方が無難です。