クリスタルを使った風水とは

風水にはさまざまなインテリア雑貨や小物などのアイテムを利用した処方がありますが、その中でも特に「クリスタル」には強い気を放っていると言われています。

クリスタルは日本でいうところの「水晶」のことで、七色の光を持っていて、それぞれの色が特有の気を放っているとされています。つまり、風水においてクリスタルは全ての気を発生させることの出来る万能アイテムであり、空間を刺激しながら五行的にも良い影響を与えてくれる、最高にバランスの取れたアイテムと言えるのです。

このクリスタルを置くのに適した場所としては、気の出入り口にもなっている「玄関」がベストだと言われています。クリスタルを置くことで、玄関から入る良い気をより多く家の中へ取り込む手助けをしてくれるだけでなく、悪い気を寄せ付けないようにもしてくれます。

クリスタルはレイアウトする場所によって発揮する効果は異なりますので、どこにどう置けば効果的なのかをしっかりと把握しておくことが重要です。

玄関に小さな窓がある場合、その窓の近くに吊るすことで気の流れを更にスムーズにしてくれる効果が見込めます。また、窓がない場合は壁に吊るしても大丈夫です。ただし、クリスタルを吊るす場所は玄関を入って右側の壁にするのがベストだとされています。

クリスタルには置物タイプの大きめのものがありますが、それら置物タイプのクリスタルを置くなら玄関を入って右側の壁際に背の低い靴箱などを置き、その上にクリスタルを飾るのが理想的です。

また、玄関の内側に角や柱などがある場合はその近くにクリスタルを吊るしておくと、早過ぎる気の流れを和らげる効果が期待できると言われています。