風水における「西」の意味合いと知識について

風水において、方位や方角は運勢や運気を左右する重要な要素として捉えられています。そのため、家具の配置やインテリアを考える際は方位や方角にも気を配って取り決めていくことも少なくありません。

方位には主に北、南、東、西の四つの方位のほかに「北東」、「北西」、「東南」、「西南」の四つの方位があります。合わせて8つの方位にはそれぞれが異なった特性を持っており、司っている運気の種類もさまざまです。

風水において「西」の方位は金運を司り、お金や資産を左右する方角として捉えられています。ちなみにこの西の方位に清らかな水の気を保っていれば、それだけで金運が増幅すると言われています。

この方位には水の気を持つキッチンがあると、家全体の金運が高まるとされています。ただし、キッチンの環境は常に清潔に保っておき、火の気を極力抑えるように気をつけていないと金運はダウンしてしまうので注意が必要です。

西の方位がプラスに働くと、金運や恋愛運以外にも楽しいイベント事に関する運気が上昇します。そのため、蓄財が上手くいったり恋愛がスムーズになったりと、充実した毎日を送ることにもつながります。

しかし、西の方位がひとたびマイナスに傾いてしまうと無気力になったり仕事が上手くいかなくなったり、浪費癖が付いてしまったりするので気をつけなければなりません。

西の方位にはラッキーカラーがあり、この方位との相性がすこぶる良いとされているのが「黄色」です。黄色には金運に直結するという特徴があるので、金運を司る西の方位の働きを更に高める効果が期待できます。風水に役立つ財布の色にすると金運に更に役立つということを知っているでしょうか?方位と合わせて活用することをおすすめします。

反対にバッドカラーは「黒」なので、この色が配色された家具や家電、小物などを西の方角に置くのは避けた方が無難です。